スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | -
    entry_bottom
    シンデレラストーリー〜序章〜
    0
      私は、真白蜜柑。

      趣味はコスプレ。
      いわるゆる、コスプレイヤーってやつ(^.^)

      そんな、私には、憧れのレイヤーさんがいる。



      その、憧れの大好きなレイヤーさんの名前は球児さん。
      主に三次元のレイヤーさんとして有名なすごい人。

      球児さんのすごいところは、たくさんあるけれど…なにより、すごいのは、表情の豊かさ。

      そして、球児さんの写真からは、作品の世界観とそれに対する深い愛情が伝わってきて、本当に大好きな素敵なレイヤーさん。




      私がその球児さんに魅了されたのは、

      数年前、Cureに、入会してすぐのことでした。
      【イメージ画像】←ここにCureのお気に入り画像を貼る


      球児さんのロンは、ルパートだった。
      髪型、表情、ポーズ。
      全てがルパートグリントだった。


      【イメージ画像】←球児さんのイチオシのロン画像を貼る


      恋に落ちるのは、一瞬だった。

      そして、私は、彼女と共にコスプレ人生を送ってきた。


      Cureお気に入りに入れて、毎日のように写真をみた高校時代。
      てっぺいくんに魅了された専門時代。

      そして、私は仕事をするようになってからも。
      球児さんに夢中だった。

      【イメージ画像】←球児さんの画像をたくさん貼る


      そんな私の憧れのレイヤーさん。
      球児さんと繋がったのは…ここ最近のことである。

      Twitterのポタタグで、球児さんがRTして下さったのがきっかけ(;_;)

      【イメージ画像】←RTして下さったときのスクショ


      もちろん、私は、以前から球児さんがTwitterをやっていることは、知っていたし。
      すごくフォローしたいとずっとずっと思っていた。


      けれど、私に、とって球児さんは、神!

      そんな人に…軽率にアクションすることなんてもちろん、できず。
      のんびりコスプレ活動をする球児さんのたまに更新される写真を…何度も何度も繰り返しみているファン生活をのんびり送っていた。



      けれど、そんな、私に、思ってもいないチャンス!!!

      コスプレしていて、よかった(;_;)(;_;)(;_;)
      何度も、そう思いながら…憧れの球児さんに何食わぬ顔をして、リプライして、フォローした。


      こんな熱狂的なファンということが、バレたら、、、
      球児さん引かれてしまうかもしれない。

      慎重に、慎重に…

      ファンと言うこと、
      ハリーポッター以外の作品のコスジャンルほぼ把握していること。

      写真を保存していること…




      細心の注意をはかって。
      バレないように。


      特にこの二つに気をつけて行動した。

      •軽率にファボをしないこと(大量のファボはファンということがバレる可能性大!)
      •リプライを軽率にしないこと(過度なリプライは命取りに…†)




      ファンは所詮ファン。
      どんなに仲良くなっても、永遠に友達にはなれない。。。


      憧れに手を伸ばしてしまっては、ダメだ、きっと、すぐにボロがでる。

      そして、後悔する…。

      球児さんに嫌われるくらいなら…遠くから彼女をみていようと、決めていた。


      それくらい、私にとって、球児さんは憧れの人だったんだ。。。



      それが、変わったのは、いつの日だった、だろう。

      球児さんが、「蜜柑さんのこと実はTwitterで繋がる前から知ってたんです」って、リプライをくれたとき?
      (…私は球児さんのこと、もっともっと、前から知ってますけどね(^.^))


      球児さんのロンがルパートで、好きなんです。って、伝えたとき…
      球児さんがなぜか当たり前のことなのにすごく喜んでくれたときかな?
      (……そのときは自分を偽って…軽く、球児さんのロン好きなんです〜!って伝えるのにすごく苦労したwwwほんとは!めちゃくちゃ!めちゃ!大好き!!!!!)


      いや、ちがう。
      きっと、もっともっと前だ。
      球児さんとTwitterで初めてやりとりをしたときだ。

      私は彼女の人間性に惹かれた。

      ずっとずっと、私が憧れたいたレイヤーさんは、すごく素敵な人だった。


      優しくて、暖かくて、すごくフレンドリーにリプライをしてくれた。
      神なのに!


      そして、作品を愛して、コスプレをしている…思っていた通りの人だった。



      私は、球児さんに憧れてよかったと、思った。


      私が憧れた人がこんなにも素敵ですごく嬉しかった。



      だけど、私は、まだ、球児さんのファンのまま。
      友達にはなれない。



      これは、永久なる呪縛。

      いつか、友達になりたい、そのために、私は努力を続けようと思う。


      いつか、球児さんと水族館デートをしたら。本当の意味で友達にもなれるかも、しれない。



      これは、憧れのレイヤーさんと友達になる、シンデレラストーリー。
      水族館デートをして、本当の友達になるENDを目指そう…!!






      そして、この先。

      球児さんからウィーズリー合わせに誘われる喜劇も。


      球児さんとの共通のフォロワーにブロックされるの悲劇も、あと、ほんの少し後のお話†


      その後に訪れるであろう、水族館デートを楽しみに私は今日もストーカー行為に励む†








      - | comments(0) | - | -
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        コメントする









        entry_bottom
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        search